旅行・地域

今更山形

Photo

Photo_2

Photo_3
7/19-21と山形旅行に行ってきました。
いやー楽しかったし美味しかったすよ山形。念願の山形新幹線にも乗れたしhappy02
山寺とか牛肉ど真ん中とか、いい思い出がたくさん。。。試合以外はね。

試合は…怒りと哀しみしかこみあげてこないので記憶から抹殺。
あの悪夢の開幕、おまえらは何も反省していないのか、と。

でもいいんです。グノが戻ってきてくれたからheart02
もう現実逃避してグノ様追っかけますよlovely

明日(今日)のマリノス戦はスタメンっぽいですね。いやーん楽しみheart04

| | コメント (23) | トラックバック (0)

サプライズ

20090505110918

20090505083948

家族旅行で伊香保に。
弟妹それぞれ独立して所帯を持ち、しかも住む地域もバラバラのためなかなか一同に会すこともなかったが、両親も高齢にさしかかり体が動けるうちに親孝行をしておこうと集結。

両親には詳しいことは言わず近くに住む妹夫婦が旅行に誘い出し、ちょっとしたサプライズを演出。待ち合わせ場所にズラリと現れた私たちを見て言葉を失ってたhappy01

1泊2日の短い旅だったけど、両親もほんとに楽しそうで何よりだった。
常に笑いが絶えず、家族っていいなと私まで幸せに。

続きを読む "サプライズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆け足で高野を巡る 寺院篇

さて、奥の院から町中に戻り、寺院巡り。
しかし残された時間はあと2時間弱。しかも日が陰ってきて、予報通り雨が近づいている予感。まさに駆け足状態で回る。

038

035

036

金剛峯寺から壇上伽藍を急いで回る。時折読経の声が聞こえてきて、総本山らしい重厚な空気が漂う。
ザ・高野山であろうこの地域もっとゆっくり回りたかったが、他に是非見に行きたかったところがありそそくさと立ち去る。

031
「成慶院」。櫻池院の中にあるこの小さなお寺は、武田信玄公をはじめ武田家と縁が深い。大河「風林火山」でも協力としてクレジットされてた。
しかもこのお寺の奥には

029
「寶亀院」というお寺happy01。何か縁を感じる訳で。
残念ながら両方とも拝観は叶わなかった。

そして次に向かうは

040
「無量光院」。ここは上杉謙信と織田信長(信長はお坊さんに教えてもらうまで知らなかった)。門前でうろうろしていたらちょうどお坊さんが通りかかり、快く中に招いてくれて本堂まで拝観させてくださったhappy02
これらのお寺はみな宿坊が出来る。今度はぜひとも泊まってみたい。

そろそろタイムリミット。しかしお腹が空いた。ここまできたなら精進料理が食べたい!と、ちょうど目の前にあった鄙びた食堂に入る。

039
シーズンオフのため精進料理はまだやってないとのことweep
残念だが仕方がない。せめてもとごま豆腐を戴く。

そろそろ戻らねば歌舞伎に間に合わない。もう少し高野山の空気に触れていたかったが、バスに乗り駅に向かう。

帰りは急行電車で。始発から終点までの長い旅だが、ずっと爆睡していたのであっという間に難波駅に到着。

4時間弱の短い旅ではあったが、すっかりリフレッシュできて満足happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆け足で高野を巡る 奥の院篇

今回の大阪遠征。土曜に昼夜通し、そして日曜の夜の回を見ることになり、そうすると日曜昼に時間が空く。
さてどうしようと、最初は「道成寺」に行こうかと考えたが、隣県の和歌山といえど思ったより遠いことと周辺に他に観たいところがないことから、同じ和歌山でも松竹座のある難波とのアクセスのよい「高野山」に行ってみることにした。世界遺産でもあるし、高野とうふも大好きだしねhappy01
午後から天気が崩れるとの予報もあり、また3時半には戻らないといけないため、必然的に朝早くの出発となった。

Kouya
8時発の「こうや」号にて出発。レトロな雰囲気ながら乗り心地はなかなか。しかしシーズンオフ、しかも冬ということもあり車内はガラガラcoldsweats01
1時間半あまりで麓の極楽橋駅に到着。ここからはケーブルカーに

Keburu
ものすごい急こう配をグングン登っていく。

042 到着scissors

例によって下調べもせずにきたものだから、はてどうしよう。とりあえず御廟のある奥の院に向かう。

011参道入口
左右にさまざまな企業の墓標が。

013 福助さん

012
しろありさんもちゃんと供養coldsweats01

017
この先は御廟。撮影禁止である。

御廟で護摩木を奉納。裏書に「ジュビロ残留!」とcoldsweats01。ホント神にすがる思い。

奥の院には歴史上のさまざまな偉人のお墓がある。

019
豊臣家の墓前では、亀ちゃんが無事正月ドラマで演じきれたことをお礼。
この近くに信長の墓があるとのことだが見つけられなかった。

022

023_2
戦国の悲運の大将、明智さんと光成さんはお隣さん。

026

025
武田信玄&勝頼のお墓。高野の山中でお屋形様~と叫ぶsmile
ひっそりとたたずむ質素な佇まい。

そして道を挟んで向かいには

027
じゃじゃーん。上杉謙信の廟がcoldsweats01。ここは川中島か?

戦国時代以外にも

016 討ち入りじゃ。
忠臣蔵が見たくなった~。

そしてこのお家のお墓も

021
初代の墓前に現團十郎さんの快癒を祈る。

奥の院は、高い樹木からそそぐ木漏れ陽が心地よく、それでいてスーっと精神が研ぎ澄まされる空気に包まれた神聖で荘厳な空間であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

喰い倒れてきた

ご無沙汰です・・・。

松竹座の花形歌舞伎も本日無事千穐楽を迎えたようで、おめでとうございます。
そんな折かなり今更感が漂うが、週末の大阪遠征を振り返ってみる。

001

またもや高速バスにて出発。しかし前回と違い「レディースドリーム号」。このバスは東名高速経由だった。

早朝大阪着。
今回は1泊2日の旅のためホテルにチェックインしたあと松竹座に。

003
朝ごはん代りに大好きな「豚まん」を食べるhappy02。これを食べないと大阪に来た気がしないくらい。東京にも支店があったらいいのになぁ。
現地で亀トモさんと待ち合わせ。関西出身なので大阪グルメに詳しい詳しい。今日はの食事は彼女に全部お任せ。

一幕目の後、近くの「今井」にてきつねうどんと豆ごはん。だしの効いたおうどんはとっても美味しい。しかしなんせ幕間は30分。ゆっくり味わう時間もなくダッシュで松竹座に戻るrun

昼夜通しで観劇。2週間ぶりの生亀ちゃんで眼が満腹になったところで、今度はお腹を満たしにハリハリ鍋の「徳家」にhappy01

004
お腹もすっかり満腹になったが、もう1軒行ってみたいところが。

20090221222131
亀ちゃんのブログに載っていたカレー屋「MADRAS」。カレー以外にケーキなどのメニューもあったが、ここまで来たからにゃ亀ちゃんも大好きなカレーを食わねばrestaurantと「エビトマトカレー」を完食coldsweats01。美味しかったけどさすがに満腹じゃ~。あぁ。またまた太ってしまった。

週末の大阪ナイトをまだまだ堪能したかったが、翌日は早起きするため早めにホテルに戻ってベッドに。身も心も幸せいっぱいの1日であった(≧∇≦)

あ、肝心のお芝居のこと何も書いてなかったわcoldsweats02

今回は昼1回(土)、夜2回(土日)を観劇。日曜昼の部はどうしようか迷っているうちにチケットが売り切れ、幕見で見ようかとも思っていたが、前から興味のあった高野山(レポは後ほど書きます)に行くことにしたため諦めた。
が、その昼の部にちょっとしたアクシデントから開演が延び、なんと亀ちゃん@巻絹姿の口上があったそうなΣ(゚д゚;)。あぁ行けば良かったぁぁぁweep

お芝居の感想は前回とそれほど変わらないのだが、実盛物語の勘太郎くんがますます素敵になっていたlovely。相変わらず蜘蛛絲も大盛り上がり。土曜は全員総立ちのスタオベだったし。日曜は「大当たり~fuji」なんて大向こうもかかってた。
それぞれの個性が引き立つこの7人、やっぱり好きだなぁとしみじみ実感。
今日の千穐楽、行きたかったな~( ´・ω・`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナニワ珍道中 道行篇

とりあえず無事に帰ってきた。疲れた~gawk

大阪には仕事やサッカー観戦で何度か訪れたことはあるが一人は初めて。
友人とは現地で待ち合わせなので、松竹座までは自力で行かないといけない。
いつも人任せで動いていたので全く土地勘がない。しかも絶望的な方向オンチにもかかわらず仕事でバタバタしていて下調べもできず。とりあえず「なんば」で降りることだけ把握して向かう羽目に。

001

今回は節約のため往復高速バス。「中央ドリーム号」。夜新宿発で早朝大阪着。
乗車してしばらくすると消灯。車内から寝息が聞こえてくる。私も割とどこでも寝れるタイプだが緊張?のせいかなかなか寝付けない。
途中休憩でサービスエリアに停車。。。えっと「境川SA」ってどこ?
ここで初めて知ったのだが、東名じゃなく中央高速を走ってたのかcoldsweats02
「中央ドリーム号」の「中央」の意味をここで初めて知る。御屋形様の支配した甲斐や信濃を通って行くのね~。

ほぼ定刻に大阪に到着。しかし早朝、まだどこもやっていない。しかも車中でほとんど寝れなかったので眠気も最高潮sleepy
コーヒーを何杯も飲みcafeテキトーに時間を潰してなんばへ向かう。

駅からすぐって書いてあったし、行けばなんとかなるだろうとフラフラ歩いていたら、どうやらそれらしい建物が!

004

んんんんー?なんか違う。ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ オバサマで大行列の早乙女太一ショー、かなり興味があるが、ここでウカウカしていられない。
聞けばここは「新歌舞伎座」だそうで。松竹座の場所を教えてもらい、あわてて引きかえすrun

007
やっとのことで松竹座に到着。あーこの通り、昔来たことあったわ。
とコレ↓を見て思い出した。

014_2
無事に友人とも会え、ホッとひと安心crying

舞台もサイコーで満足heart04のひとときを過ごし、後ろ髪をひかれながら大阪駅に。

018
帰りの休憩は「養老SA」で。

帰りはおかげさまで爆睡。あっという間に新宿に。
バス旅、慣れると楽しいかも!

舞台篇はまた後ほどhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

遠征計画

2月松竹座の演目がチラホラ聞こえてきたこともあり、いつ大阪に行こうかカレンダーと睨めっこしてたらモリシ引退試合のニュースがsign03
こ、これは行きたい。どうせなら観劇と合わせたい。

試合日程早く発表してくれーsad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖地巡礼

20081124093105

柏戦の苦いドローの翌日、久しぶりに練習見学。
レギュラー組がクールダウンをする中、隅の方で「オフト愛の説教部屋(笑)」が開催されていた。今回の呼び出しは能活、犬塚、岡田、ジウなど。。。やっぱり守備の綻びが気になる模様。
レギュラー組が続々と引き揚げるのと入れ違いに、サブ&サテ組がグラウンドに降りてくる。自分的にはこちらがお目当て。まもなく引退する名波をずーっと追いかける。楽しそうにボールを蹴り、罰ゲームを悔しそうにこなし、そして後輩にちょっかいをかけるナナ。ミニゲームではフリーマンでボールを散らし、その都度指示を送るナナを見ていて、せつなさがこみあげてくる。多分現役中の練習姿は見ることもないだろうと、一生懸命ナナのプレー姿を目に焼き付けてきた。まだ出来るよ!と思う反面、インターバルの度に右足をかばう姿を見て「もう限界だよね、お疲れ様。」と心の中で声をかけた。

なんだかセンチメンタル(死語coldsweats01)な気分になりつつも、さわやかでおにぎりハンバーグ(げんこつハンバーグのちっちゃいサイズ)をもちろんオニオンソースでいただく。
相変わらずウマー(≧∇≦)

ダラダラしているうちに時間が過ぎ雨も酷くなってきた。まずい!今回の旅のもうひとつの目的、ナナが生まれゴンちゃんや成岡、大井、岡田達が青春時代(またまた死語)を過ごした「藤枝」に向かう。

20081124160941

藤枝に到着したころにはあたりはすっかり暗くなっていた。とりあえず観光協会に向かい「蓮華寺池公園」と「藤枝東高校」への行き方を聞く。幸い2つは近くにあるのでなんとか回れそうだ。
まずは「蓮華寺池公園」へ。ここはナナが清商行きを決めた中学時代、トレセンに参加できなくなり(※当時藤枝と清水はサッカー町のライバルとして敵対していた)ひとりトレーニングをしていた公園だ。(名波本参照)着いたはいいが、人っ子一人いない(カワイイ猫にゃんがいたcat)。ただ雨が打ちつける池の周りをひたすら歩く。ガイドによればキャンプやら藤棚やらいろいろある公園らしいが、なにせライトもほとんどないためイマイチわからない。
写真をとることもままならず、仕方がないので次の目的地「藤枝東高校」に向かう。
しかーし、見知らぬ土地、しかも住宅街の中にあるため目印がない。迷いに迷い野生の勘(笑)を頼りにさまよい、やっとのことでたどり着く。連休中でしかも既に6時を過ぎていたため校内は真っ暗。校舎に「高校選手権出場決定」の垂れ幕を眺めながら、早々にその場を立ち去ることに。うーん。サッカー部もさすがに練習はしていなかったかぁ。でも、ここに彼らが存在していたという空気を感じられただけでも来てよかったと思う。

その後静岡で寿司noteを食べて帰京。今回もなかなか楽しい旅であった。これで試合に勝っていれば…(自粛)。

続きを読む "聖地巡礼"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

過ぎゆく夏

20080927152139

20080927115109

週末、鎌倉まで小旅行train。鎌倉に行くのは何年振りだろう。
目的も旅のプランも全く考えてない、行き当たりばったりの旅。ま、何とかなるでしょ。

湘南新宿ラインで鎌倉まで乗り換えなしで行けることにビックリ。1時間ちょっとで到着。
便利になったもんだ。
行きすがら、あの辺は弁天小僧のお膝元だったことに気づき、事前にいろいろと調べておくべきだったと後悔。弁天小僧の由来めぐりしたかったなぁ。

鎌倉に到着。相変わらず人が多い。
とりあえず友人が「竹寺(報国寺)で抹茶を飲みたい」とリクエストしたので、バスで向かう。
竹庭、たしかに竹の高さに圧倒されるけど竹林が意外に小さくちょっと拍子ぬけ。
その後近くの寺に寄りながら、八幡宮を目指してブラブラ歩く。
八幡宮で結婚式に居合わせ、雅楽の美しい音色に引き込まれる。白むく姿の花嫁さんを見て、ガイジンさんたちも大喜び。
そろそろお昼でも、小町通りを散策しながら店を探す。和食が食べたかったので、手頃な店でしらす丼をいただく。
んで、次は何をしようかと思案。海でも見に行くかということになり、材木海岸に向かう。

20080928145442

途中フラショップが何件かあり、しかもカワイイグッズが多い。つい衝動買いしたくなるが、今月は歌舞伎観劇で散財してしまったためぐっと我慢。でも亀柄のガーゼバスタオルがあまりにもカワイすぎて、購入してしまった。あぁ我が家が亀グッズに侵食されていく~coldsweats02

海岸に着き砂浜を歩く。サーファーが沖で波を待つ姿を眺めながら、過ぎゆく夏に思いをはせる。今年の夏もあっという間だったなぁ。
のんびり海を眺めた後、由比ケ浜を回り鎌倉駅を目指す。途中小さなショップを覗きながらブラブラ散策。こういうところでお店を開いてノンビリ暮らすのもいいなぁ。

鎌倉に着き、小腹が空いたのでイワタコーヒーのホットケーキを食べに向かう。
が、肝心のホットケーキが完売とのことweep。ガッカリしつつ、でも甘いものが無性に食べ、たいと近くの喫茶店に入る。

20080927165120

何の気なしに入ったお店だが、なんのなんの大当たり。手作りケーキウマーhappy01。こういう発見があるから行き当たりばったりは楽しいね。

日も暮れて夜風も涼しくなってきたので帰路に就くことに。
帰りも湘南新宿ラインでピューッっと。あっという間に新宿に到着。短い旅であったが夏の終わりを満喫できいい気分転換になった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

怒涛の遠征 歌舞伎編

浜松駅でうなぎ弁当を買い、次に目指すは八王子「いちょうホール」。松竹大歌舞伎東コースの観劇。

すでに初日(昼夜)と前橋で観ているのだが、今回は2列目中央という良席のためモチベーションもup。化粧もいつもより念入りにw。
「いちょうホール」は前の2か所に比べこじんまりとしてる。しかし音響もよく会場もキレイで快適だった。

操り三番叟
今日は亀ちゃんの「顔」に注目。面白メイク(失礼!)なので一瞬噴き出してしまうのだが、見慣れてくると亀ちゃんの「目」が“宙を見ている”ことに気づく。どこかに視点を合わせるのではなく、ただ漂っているのだ。あの眼力eye強い亀ちゃんが、目の存在感を消しているところにゾクっときた。
踊りは相変わらず軽やかだが、亀鶴さんに持ち上げられて飛ぶところが、心なしかジャンプが小さかったように思う。そういえば途中糸が切れて突っ伏している時に呼吸を抑えるのに苦労しているようだった。亀鶴さんもかなり痩せたような。。。巡業も終盤戦。連日の公演で体も疲れきっていることだろうが、あともう少し。頑張って乗り切ってほしいshine
それと、会場の空気が最初固かった気がした。大向こうもたくさんかかってはいたが、多分2度目の観劇の人や普段歌舞伎を見慣れている人が多かったのか、出の箱の場面も反応が薄い。亀ちゃんが舞台は生ものといつも言っているように、そういうことも関係していたのかな。でも徐々に固さが取れ、終盤はかなり盛り上がり心地よい雰囲気に。

口上
傾向として夜の部のほうがはっちゃけるwと聞いていたので楽しみにしていたが、期待以上に面白かったhappy01
まず亀ちゃんが一通りのあいさつをした後、「巡業は移動が大変」と裏話を語る。話題はやはり竹三郎さんのことになりw、普段関西をベースにする竹三郎さんは東京の地理に明るくなく苦労していて、今日も“切符自販機”に向かって「八王子まで大人1枚」と語りかけたそうだcoldsweats01(もはやギャグの領域。可愛すぎるよ竹三郎さんheart04)。そして矛先は巳之助くんに向き、「彼は昼夜の幕間にキムチ鍋食べてた」とネタばらしw。まあ暑かったしスタミナ付けないとねぇ。
そして番は竹三郎さんに回り、実は今回稲瀬川の場面に出たいと“亀冶郎”坊ちゃんにお願いしたら「白波六人男になるからダメ」と却下されたそうなw。なんでも赤星十三郎をやりたかったらしい。(竹三郎さんの口上中、亀ちゃんヒクヒクして声を抑えるのが大変そうだった。ってか笑いすぎw)んで楽屋で竹三郎さんから化粧の指導を仰いでいるという巳之助くんは、キムチネタにひっかけてうまく話をまとめていた。しかし彼はこの巡業で急激に旨くなっている!初日はカチカチだったのに。すごいよ巳之助くん。いや~若いっていいなぁcatface。それと、俯いている表情がお父さんにソックリだった。亀ちゃんといい歌舞伎界の御曹司は本当に父親似揃いだわ。恐るべしDNA。

弁天小僧
金曜日の夜中にNHKでオンエアされた団菊祭の通しを見ていたので、前後の話の流れが分かり、また元祖音羽屋の菊之助を見た直後だったので、“澤瀉屋”の型の違いを興味深く見ることができた。途中、反物を選んでいる場面で、亀ちゃんが澤五郎さん扮する番頭さんにアドリブで問いかけたりとずいぶん余裕が出てきたようだ。声は、最初は調子よく武家娘のときもキレイな女声が出ていたけど、稲瀬川のときはちょっと苦しそうだった。しかし眼力は相変わらずすごい。亀鶴さんの南郷、かっこよかったな~heart01。亀ちゃんの手を取るところなんてステキすぎ。うらやましいぞBLhappy02

そして怒涛の遠征が終わり、クタクタになって帰宅gawk。でも充実して楽しい旅だったな~。

巡業の観劇、次はとうとう千秋楽。気がつけばあっという間の1か月だったけど、普段行かない場所や会場に行ける楽しみはクセになりそうだなcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧