« 祈りの癒し | トップページ | 大宮一直線 »

72年会

1972年生まれはサッカー選手の当たり年。海外ならジダンやフィーゴ(引退発表しちゃったのね。大好きだったし親日家らしいので日本に来てほしかったな~)、国内ではモリシや岡野、そして名波や水内(笑)。

というわけで行ってきました同級生対談アゲイン
7回目となるジュビロトークバトルは過去にも何度も参加している。
基本的に旬な選手を呼んでのトークを行うのだが、今回はなぜか選手ではなくアドバイザーさん(笑)。まあなまじ動員力もあるし、DVDをぴあと共同で発売しているからなんだろうけどさ。だれかゲストで来るかななんてちょっと期待したけど、連戦続きでしかも朝から練習が入っていてそれどころじゃなかったよ。

名波&水内の同級生コンビは、先日のトークバトルでも証明済み。今回も笑いっぱなしの2時間だった。
お題目は最近のジュビロさんと名波DVDについて。うーん素晴らしすぎる。

会場はほぼ女性。年齢層もやや高い。まあ往年のナナギャルも年をとってオバちゃん軍団と化しているわけで(自分含む)

・まずは前回の復習?を兼ねて、2人の馴れ初め。2人の出会いは高校時代の合宿。でも水内は中学時代から雑誌などで名波の存在を知っていたそうだ。
・プロに入ってから再会。ちなみに岡野主催のパーティで名波とミスチル桜井さんは初対面したそうだ(桜井さんの前で名波と水内が「抱きしめたい」を熱唱(笑))
・72年には有名どころのサッカー選手が多い。ちなみに芸人も多い。なんならアメトークで企画する?
・ジュビロさんについて
・イグノすげー。練習ではあまり目立たないのに、本番は強い。
・初戦の惨敗の後、那須から電話が(この話は最近よくしてるね)。初戦、2戦と大量失点したがその後安定したのは、選手同士の努力の賜物。 
・村井のマイペースっぷりはすごい。練習後なぜかクラブハウスの‘談話室’で夕方のニュースを見ながらストレッチしている。
・村井と前田はご近所さん。駒野と那須もご近所さんで、練習にはどちらかの車でいつも一緒に来ている(エコ対策だそう。)帰るときも、いつも駒野がベンチにチョコンと座って那須を待っている。
・前田には5,6年前から「おまえがエースだ」と言い続けている。本人にもその自覚は出てきたと思う。
・チームの雰囲気はいいが、チーム全体をまとめて引っ張っていく中間世代の選手がまだいない。大井・成岡・岡田の藤枝トリオや太田加賀あたりが中心にならないと。
・サッカー雑誌などの年俸は結構デタラメ。(ジュビロ全員の年俸知っているそう)
・DVDは当初発売するつもりはなく、お世話になった身近な人のために73枚だけ作ろうと思っていた(水内まで回るかどうか微妙だった(笑))
・ゴンちゃんはDVDにたくさんゴールシーンが入っていて喜んでいた。土屋(ヴェルディ?)は映っていたのはいいが、敵なので結果的に晒された場面が多く凹んでいた。
・ドゥンガ、トト(スキラッチ)、ファネンブルグと一緒に出来たことは幸せだった。
・トトのゴール感覚はスゴイ。トトは試合に負けても自分がゴールを決めていればハッピーで、逆だと不機嫌。
・昔、トトと俊哉と名波が一緒のマンションに住んでいたことがあり、よくご飯を食べに行っていた。トトがゴール決めた後だと奢ってくれるが、ゴールを決められていないと俊哉が払うはめに(笑)。
・ドゥンガの説教。実は結構日本語をしゃべれるそうで、試合中旧14番様に向かって「アナタ学校ドコ?」とどなったらしい。
・将来監督をするなら、トップコーチはハット(守備的なことを任せられる)、アシスタントコーチは秀人(パシリ的なポジションで(笑))

うーんもっと楽しい話があったような気がするけどこれくらいしか思い出せないや。
ごめんなさい。

72年会のアメトーク、めちゃめちゃ見たいぞ!

さて週末のジュビロさん。川崎に0-2●ということで、アウェイでは負けない外弁慶ダービーも終了( ´・ω・`)。  
おまけに茶のさんは人間ブルドーザーに破壊されるし、イエモッツはいつのまにか退場してるし(気付かなかった!)、愛しのグノちゃんのゴールもナシよだったし。。。
まあ切り替え切り替え。次だ次。

太田くん、大分の芝は荒れ放題だから怪我明けには危ないし、残留争いのライバルに魂なんか売っちゃだめだよ!っつーか田邉ふざけんなって感じannoy

|

« 祈りの癒し | トップページ | 大宮一直線 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058596/29663728

この記事へのトラックバック一覧です: 72年会:

« 祈りの癒し | トップページ | 大宮一直線 »