« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

そううまくは運ばない

20090429175120_2 初生イグノ

清水、京都と連勝中のジュビロ、これで上昇気流に乗れるかと思いきや、世の中そんなに甘くはないわな。

前半はマリノスも決定機らしいこともなく、あぁ下位チームの争いだなぁとため息ついてたけど、後半早々のマリノスの怒涛の攻撃にあっさり失点 orz。

その後もマリノスの勢いに呑まれ、あたふた危なっかしいたらありゃしない。
ミスも相変わらず多いし攻めも単調。チャンスのにおいが全くせず。
終了間際やっとのことで反撃を開始するも時期遅し。完敗でござる。

それにしても中澤はじめマリノスのDFは落ち着いて老獪。イグノにボールが渡る前にカットされちゃあ、そりゃ彼だって何もできないよね。やっとボールが渡ってもガッチリと守りの体制をとる。前田・イグノ・ジウシーニョの魅惑の3トップになってもあわてず騒がず、大人の対応でパスコース切ってたし。
サッカーの基本は守りだということをつくづく感じた試合だった。
イグノくん、憧れの海外移籍は中澤や闘莉王といった日本代表クラスに打ち勝ってからでも遅くはないと思うよ~。
それとシュート君はじめトラップすらまともにできなかった子たちは、基礎からやり直してみてはどうかな?とてもプロの技とは思えない酷さだったよ( ´_ゝ`)。

それにしても、真ん中でボールを捌ける選手がいないねぇ。起点をサイドばかりにつくってもプレーが雑じゃすぐボールロストしちゃうし。そもそも相手からすりゃ守るポイント絞れるからやりやすいだろうなぁ。
もっと攻撃にバリエーションが欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活

パソコン買いました。
ネット環境接続までいろいろあったけど、とりあえず無事復旧。機種も変えてたのでまだ慣れないけどボチボチ更新していきますのでよろしくです。

で、この間「98W杯腹黒トリオ復活に涙」とか「ほうとう美味かったけど量大杉wobbly」とか「麻阿の付け黒子目立ちすぎだろ」とか、更新したいことがたくさんありましたが、すっかり時期遅し。うーん残念。

記念すべき?新パソコン1発目の更新は「アドバイザーさんのPV」の感想でも。

続きを読む "復活"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最下位脱出

イグノありがとおおぉぉぉぉ(感涙)
初勝利がダービーでしかも快勝なんて出来すぎ!試合後のこんな高揚感、いつ以来だろう。
そりゃ解説の名波サンも饒舌&ニッコニコになりますわな。
まだまだ降格圏内だし相変わらずミスも多く誉められた内容じゃなかったけど、今日ぐらい受かれててもいいよねっ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

前途多難

前途多難
今シーズン初観戦 いや〜酷い出来だった。
動き出しが遅い、ミスパス連発、せっかくインターセプトしても次に繋がらない、自陣に向かってドリブルとか、何やってるんだか。開始15分で帰りたくなったよ。
ただ相手のジェフさんも調子悪いのか、ジュビロにお付き合いいただいてミスが目立った、何だかな〜な稀に見る凡戦でございましたよ。まあ貴重な勝ち点1ゲットしただけでもマシと思おう。ダントツビリには変わらないけどさ。

一年ぶりのフクアリ。スタ近くに色んなものが出来ててビックリ。でもアウェイの進路、ありゃ酷すぎだろ(怒) スタッフどころかアテンションもなくひたすら直進、スタが見えたと曲がって見れば行き止まり…。
こんなところにアウェイの洗礼が潜んでいたなんて驚きだわ(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早起きは…

「邦楽ジョッキー」再放送を聞くために5時起床。意外にもすっきりと目が覚めて自分でもビックリ。
「邦楽ジョッキー」初めて聞いたが、本当に「邦楽」しか流さないのね!てっきり広義の意味でJポップとかも流すのかと思ってた(苦笑)
亀ちゃんも昔DJをしてたことのあるこの番組、現在は松也くんが担当。
松也くんになってちょうど一年が過ぎたということで番組の中味もマイナーチェンジ。「古典人どんたっぽ(すみません私にはこう聞こえました…。)」と題し、歌舞伎や古典芸能に関わる人を招いてトークを展開する。その一回目のゲストが亀ちゃんとは、松也くんありがとう〜。
松也くんと亀ちゃん、最近共演多いしその辺の話題かなと思っていたが、やはり話は年始のドラマと1月の浅草が中心。
基本松也くんから亀ちゃんに質問をふってそれについて二人でトークするのだが、そこは仕切り屋の亀ちゃん、話をガンガン進めてうまくまとめてた(笑)


以下たたみます。

続きを読む "早起きは…"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

痛い出費

買ってからまだ2年も経ってないノートパソコン、今朝不慮の事故で液晶モニターが割れてしまった…。
早速修理に持って行ったら、液晶モニター修理は保険の対象外で何と8万〜、しかも見積もり〜修理まで1ヶ月かかるという。
どうしよう…。買い換えてもそんな変わらなさそうだけど、中に保存した画像とか惜しいしな〜。
節約生活送ってたのに思わぬ出費だ(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年度初歌舞伎

20090405104315
歌舞伎座昼の部「伽羅先代萩」を見てきた。

昨年11月の花形歌舞伎で見て、とても気に入った作品。「加賀見山」といい、私はこの手の話が好きかも。

花形の時とは違い今回は幹部クラスが続々と出演。やはり場の空気が全然違う。
特に竹の間や奥の間の場の「女子の部」。花形の時は、菊之助くん演じる政岡の緊張感と必死さが舞台全体に伝わり、良い意味で“ピリピリ”した空気であったが、玉三郎さんの政岡は、乳人と母の母性が場を包み、八汐とのやりとりにも余裕と立場の強さを感じさせられた。
しかし玉三郎さんといい菊之助くんといい、眉を消した女形姿も美しい。。。
対する八汐。実は仁左衛門さんのお芝居を生で観るのは初めてだったのだが、なんともユーモラスでどこか可愛らしくもある八汐であった。声は男声に近いのだが、それでいて悪女の凄味を醸し出す仁左衛門さん。
でも、今月歌舞チャで2人の美しすぎる「かさね」を見ていたので、できれば男女での役が見たかったな~。夜の「廓文章」観に行かなくちゃ。
しかしこの2幕で個人的に大ヒットだったのが福助さんの沖の井。初役とのことだが、なんのなんの、八汐をやりこめるところとか手紙をヒラヒラさせるところとか、八汐の意地悪さにイライラしていた気分をスカッとさせてくれた。福助さんはこれまでどうしても爆裂トークのイメージが強すぎて、今まで姿を拝見するとクスッと笑ってしまったのだが、今日の沖の井を見て、彼女の「政岡」も見てみたいと思った。あと「十二夜」の麻阿も(笑)。亀ちゃんとはまた違った麻阿が見れそうだ。

そして舞台は「男子の部」へ。床下の場、今回は三階席での観劇だったので、仁木弾正が現れる場面はよく見えなかったのだが、ゆっくりと花道を立ち去る際、後姿の影が定式幕に映り、その影がゆらめきながらどんどん大きくなり怖さと妖しさを増幅させた。この影もきっと狙った演出なんだろうが、話の筋とバッチリはまり素晴らしかった。
そして大詰めへ。
やっぱり細川勝元は美味しい役だね~。勝元役の仁左衛門さんカッコよすぎて鼻血出そうだった(笑)。仁木たちをやりこめてたたみかけていくところなんてもう、キャーって感じ(苦笑)。
対する吉右衛門さんの仁木弾正。とっても巧いんだけど、吉右衛門さんはいい人や敵役でも仁や儀のある役柄の方が好きだな。

久しぶりの歌舞伎座。堪能堪能happy01

で、幕間せっかくなので一度行ってみたかったカレー屋さんに。

20090405123411
先着40名ということで、ダッシュダッシュrun。美味しゅうございました。

そうそう、「僕らの時代」の海老蔵さん。もう面白すぎて大好きになっちゃったよhappy02
なんか本当にガキンチョがそのまま大きくなっちゃったって感じで、でも家族のこととか思いやる気持ちが温かくて。海老蔵さんの御園座、観にいきたくなったよ。

続きを読む "新年度初歌舞伎"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »